なのブログ

   

メンタル障害持ちながらA型就労で広告デザインやWebをしている人のブログ

Webサイト作成の単価がさがっている中でWeb業界はどこにいくのか

Webサイトってひとついくらくらいで作られるかご存知でしょうか。

だいたい相場は30万から100万と言われていますが、これを見て高いと思うでしょうか。

でも、会社で人を一人雇うなら、人件費はだいたい1日5万円と聞いたことがあります。なので、30万なら1週間、100万でも1ヶ月なんですよね…。

作り手になった場合、簡単なWebサイトを1週間で4つ作るか、100万のを1つ作るかという生活になってしまいます。それに実際はデザイナーやディレクターの方もいて3等分して仕事を進めることになると考えると、イメージは、30万円の簡単な案件なら2-3つほど抱えながら2-3週間で手分けして作っていく感じでしょうし、100万円の案件なら2ヶ月程度で手分けして作っていくイメージでしょうか。

一方、最近はwixみたいな簡単にいい感じのHPを作れる様になっているので、値段はどんどん下がっていく傾向だと思うのです。

なので、わたしは今後Web業界というのはなにかの付加価値をつける必要があると思っています。具体的には、コンテンツです。

コンテンツというのは文字通り、Webサイトの中身のことです。SEOなどの知識は専門の知識となるため、それを踏まえた中身の提案とデザインです。これらを使ったコンサルティング、出版業界風の仕事をしていく方向になるんじゃないかなぁと思いました。