なのブログ

   

メンタル障害持ちながらA型就労で広告デザインやWebをしている人のブログ

【GIMP/ギンプ】画像を透過させて保存

画像の背景を透明にしたいときってありますよね。背景に色がついていると重ねたときになんだか変…ってことも。そんなときにこちらを。

まず背景などを透過したいファイルを開きます。

「レイヤー」 → 「透明部分」 → 「アルファチャンネルの追加」をクリックします。クリックできなければすでにアルファチャンネルが追加されているので飛ばして次へ。

消しゴムツールでいらない背景を地道に消したり、ファジー選択ツール(Photoshopの自動選択ツールみたいなアイコン)などで選択し、「編集」→「消去」をクリックで背景が透明になります。

Photoshopを使いたいけど高いしGIMPで同じことをできるならしたいですよね。なぜか「透明」という概念が追加しなければ無いのがGIMPです。最初とてもこれが不思議でしたが、意図せず透明になっても困るかもしれません。

透過部分を保持したまま保存する方法は数種類あり、GIMPの形式ならもちろんできますが、これだとWebに載せられません。というわけで、透過画像はPNGで保存しましょう。GIFも出来ますが周囲がジャキジャキになります;言葉でうまく説明できません申し訳ない。。

余談ですが私はLINEスタンプを作ったことがあるのですが、LINEスタンプは透過されてますよね。動くLINEスタンプはAPNGという比較的あたらしい形式を採用しているそうです。動くPNGって感じですね。まだアニメーションするスタンプは作ったことがないので、一度挑戦してみたい分野です。