なのブログ

   

メンタル障害持ちながらA型就労で広告デザインやWebをしている人のブログ

【Illustrator】楕円形だけでリアルな雲を作ろう【CC2020,CS6もOK】

↑はパスファインダーで楕円形を合体させて作る、アニメのようなかわいらしい雲です。これはこれで使いどころも多いですが、仕事でリアルな雲を写真の好きなところに配置したいという事態に直面しました。調べた結果と私なりの工夫で出来上がった過程を紹介したいと思います。

まず白い楕円形を書きます。背景は個人的に理想の空の色に。

楕円形を選択し、効果→パスの変形→ラフと進みます。

サイズは5~8で単位はパーセントに。OKを押します。

次に効果から、パスの変形→ランダム・ひねりを選びます。

水平・垂直ともに5~10%にします。こんなにぐちゃぐちゃでいいのか?!くらいひねり感があってちょうど雲っぽくなるので、恐れずに。

効果→スタイライズ→ぼかしを選び、8~15pxのぼかしをかけます。

あとは雲を複製し、塗りを黒に。透明パネルから影っぽく好みの薄さにします。位置や大きさを調整します。白い方も気持ち薄く調整。

たくさん並べて、背景にグラデーションを適用したら、いい感じに雲になりました。いろんなパターンを作ってランダムな大きさ、透明度で配置するとますますいい感じになります。