なのブログ

   

メンタル障害持ちながらA型就労で広告デザインやWebをしている人のブログ

【Photoshop】人物を綺麗に切り抜く方法【人物レタッチの基本】

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

2021年初の更新は人物(主に髪の毛)を綺麗に切り抜く方法を書いていきます。Photoshopはアップデートの度にこの「髪の毛を綺麗に切り抜く」というチャレンジをしてきたようです。いかに簡単に切り抜くか。クイックマスクや被写体を選択などを使うのもいいですが、どんなソフトでも同じようにやれば切り抜ける方法を覚えてしまえばいいので、今回はそれを紹介します。まず下準備。元画像を取っておきたいので、背景レイヤーをコピーして今回はそのコピーを使っていきます。画像のようにするとレイヤーが増えます。

また、拡大したときにへんな線がつく場合があるので、そういうときは「表示」→エクストラのチェックを外します。

最初は普通にパスを切っていきます。髪の毛のところは適当に頭があるあたりを切り抜いて、細かいところは無視でいいです。ウィンドウからパスウィンドウを出して、作業用パスをダブルクリックし、パスを選択します。

パス1を選択し、対象のレイヤー(今回は背景のコピー)を選択しているのを確認して、点線マークのアイコンをクリックします。その後、点線マークのアイコンの右隣2個目のベクトルマスクを追加をクリックします。

髪の毛の細かい部分以外のところがおおまかに切り抜けました。

次になげなわツールを使います。背景レイヤーをコピーします。レイヤーの名前を髪の毛とします。

画像のような感じに髪の毛の部分をおおまかに選択します。選択範囲を反転します。

deleteキーか、編集→消去で選択している部分を消します。

こんな感じになります。

ウィンドウからチャンネルを表示して・・・

それぞれのチャンネルのチェックを打って、一番白と黒のメリハリが強いチャンネル(人物写真なら多くはブルーかグリーン)を複製します。

イメージ→色調補正→トーンカーブを選びます。

下の矢印をそれぞれ内側へドラッグします。メリハリが強くなります。これは何をしているかというと、白は透明にしたい部分、黒は残したい部分、グレーは半透明になる部分で、髪の毛の細かい部分を透けた感じにするためにしています。

上記のことを踏まえた上で、不自然な部分を黒や白のブラシで調整、覆い焼きや焼き込みツールなどをつかって境目を調整します。あまり白黒はっきりした境目だと不自然なのでこのへんは慣れです。ちなみに私は偉そうに解説していますがこの辺の感覚がまだまだ下手です笑 そして先程の調整済みのチャンネルのみ選択されていることを確認し、チャンネルを選択範囲として読み込み(点線マークのアイコン)をクリック。

その後RGBチャンネルのチェックを打ち、先程選択範囲を作るために使ったチャンネル(今回はブルーのコピー)はチェックを外します。

選択範囲を反転してから、髪の毛レイヤーが選択されていることを確認し、レイヤーマスクを追加をクリック。

できました!元の背景レイヤーを非表示にすると、周りの部分が透明になっているのがわかります。髪の毛のまわりも透けているので、広告などに配置しても違和感がないです。

基本を覚えておくと、クイックマスクツールなどの白と黒から選択範囲をつくってベクトルマスク、というのが何をしているかがわかって応用が利きます。是非たくさんレタッチしてください。だんだん早くなると思います。

逐一コピーして使うのは元の状態にできるだけ戻せるようにしておくという基本を守るためです。ここも結構大事です。

今回はここまで。参考になればうれしいです。